ヤップ島のお金

未分類

広大な太平洋の端にヤップ島と呼ばれる島があります。実際、いくつかの島からなるヤップ島は、熱帯の美しさと快適な気候のため、プライベートな時間を求める旅行者の天国です。しかし、住民が貯金を路上に置いていることに、訪問者はしばしば非常に驚いています。そして、それはたくさんのお金です。

すべての島で、建物の前と道路の脇に円盤状の石があります。現地語でライ麦と呼ばれる円盤状の石は、ヤップ島の現地通貨です。この石のお金を家に保管している人もいますが、ほとんどの人は村の「銀行」を利用しています。警備員や窓口係は対応しません。あなたもその建物を見つけることができないかもしれません。金庫にお金を安全に保管する代わりに、それらの「銀行」はそれを外に置きます。壁とココナッツの木には、中央に穴の開いた石のお金がたくさん立っています。大きいものは直径が約4メートルで、重さが5トンを超えるものもあります。

あなたの国では、あなたはあなたのポケットに小さな変化を運ぶかもしれません。しかし、ここのお金は車に収まらないほど大きすぎます。 1931年以前に作られたそのような石のお金はすべて、今でも島の法定通貨として使用されています。この珍しい通貨はどのようにして存在するようになりましたか?

買収に伴う困難

伝説によると、昔、ヤップ島民の遠征隊がパラオ島に上陸し、いくつかの美しい石を手に入れました。パーティーが石をヤップに戻したとき、島民はそれを通貨として使うことに決めました。石は真ん中に穴が開いた満月の形のプレートに刻まれています。

ヤップ島民は非常に慎重に使用する石を選びました。私はアラゴナイトと方解石として知られている2種類の鉱石を使用することを好みました。アラゴナイトは地下の鉱床に見られ、真珠にも見られます。方解石は大理石の主要な鉱物でもあります。どちらも巧みに削ると見栄えのする石ですが、ヤップ島では入手できません。それで、ヤップの人々はそれらの石を手に入れるために何度もパラオに行きました。パラオはヤップ島の南西約400kmに位置しています。そこにたどり着くには、船体の外側に安定したフロートを備えたカヌーで5日間危険な海を渡らなければなりませんでした。

パラオに到着すると、ヤップの人々は地元の首長の許可を得て硬い岩盤から採石を始めました。原始的な道具を使って、地下の洞窟から石を板状に切り出し、円盤状に切り出しました。お金を稼ぐためにタップしてこすり取るのに数ヶ月、時には数年かかりました。

石は突き刺され、頑丈な棒を通して岸に運ばれました。新しく作成されたお金は、カヌーまたは竹のいかだに置かれます。大きなものを運ぶときは、海に立てて大きないかだを作りました。そして、帆から風を受けて、力強く漕ぎながら、新しく作ったコインを入れたいヤップ島にいかだを引いた。

これらのタスクはすべて手動で危険でした。実際、巨大な石のブロックを切り取って陸上に移動させている間に、多くの人が負傷して殺されました。ヤップ島に戻る航海にも危険がありました。ヤップ島とパラオ近郊の海域では、海底に石のお金が沈んでいるのが見られます。石のお金とそれを運ぶ人々は、必ずしも安全にヤップ島に到着したわけではありませんでした。しかし、海の底に沈んだお金は、ヤップ島の誰かの所有物でもあります。それは土地の石のお金と同じくらい価値があります。

それはどれくらいの価値がありますか

商取引によりライの所有者が変わった場合でも、通常、新しい所有者は石を動かしません。多くのレイは何十年もの間現在の場所にあり、現在の所有者の家から遠く離れている可能性があります。盗難は問題ではありません。

泥棒が石のお金を見たとしても、彼は最初にそれを奪う力、そしてそうするための大胆ささえも持っていなければなりません。問題は力よりも大胆です。結局のところ、隣人は各石が誰に属しているかを知っており、所有権を非常に尊重しています。

石のお金の価値はどのように決定されますか?まず、石自体の大きさ、美しさ、仕上がりに注目します。次に、各石の歴史を考察します。これはどれくらい古いのですか?カットや仕上げに大変苦労しましたか?ヤップ島に持ち帰ったとき、生命は危険にさらされていましたか?誰かが命を落としましたか?最後に、歴代の所有者の社会的地位が調べられます。首長が所有するお金は、一般の人々が所有するお金よりも高価です。

1960年、外国の銀行が直径約1.5メートルの石貨を購入したとき、その歴史は外の世界に知られるようになりました。おそらく1880年代から使われていたお金は、ある時点で家を建てた労働者に支払うために使われていました。また、特別な踊りを見せてくれてありがとう、ある村の住人から隣の村の住人に転勤しました。その後、家の住人がそれを使ってブリキの屋根材を購入しました。これらの交換はすべて、石を動かさずに行われ、記録されませんでした。お金の所有権とその歴史は、ヤップ島民の多くに知られています。

大きいではありません

常により高価

ライが数百年前に持ち込まれたとき、それは非常にまれで非常に貴重だったので、チーフだけがそれを所有することができました。 その後、19世紀の終わりに、鉄の道具と貨物船が使用され始め、より多くの石のお金を稼ぎ、輸送することができました。 それらのいくつかは形が大きかった。 比較的新しいお金は、前任者よりも大きいものの、より骨の折れる古代の方法で作られたものではないため、価値が低くなります。

1929年の公式記録によると、当時の石は13,281個で、島民の数を上回っていました。 数は第二次世界大戦中に変更されました。 多くの石の硬貨が軍によって没収されました。 滑走路や要塞の建設に使用するために粉砕されたものもあります。 残り半分です。 その後、残ったものの多くはお土産に持ち帰られたり、コレクターに持ち去られたりしました。 現在、政府は石のお金を文化遺産にし、法的保護措置を講じています。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました